平成23年度 海外修学旅行リポート 7日目

3月10日(土)

いよいよ国外修学旅行も最終日。今日は、やや早めにホテルを出て、まず凱旋門をバスの車窓から見ながらシャイヨー宮へ移動。バスを下車すると、眼前には優雅なエッフェルとの姿が。スカイツリーに比べれば高さはさほどでもないのかもしれないけれど、やはりエッフェル塔はこの町の顔。生徒は「パリに来た」ことをまさに実感していました。

続いての見学は、セーヌ川にうかぶシテ島地域。ノートルダム大聖堂ではゴシックの荘厳な外見と内装やバラ窓に感銘し、さらにかつてフランス大革命時には王侯貴族や政治犯が投獄されたコンシェリジェリを見学。前日ヴィーンで見たシェーンブルン宮殿で育ったマリー・アントワネットが、ギロチンで処刑されるまでの最晩年の日々をここですごしたといった説明を聞いて、生徒にはフランス革命とその時代の人びとがぐっと身近に感じられたはずです。

そしていよいよ今回の旅行の最後の見学地ヴェルサイユへ。宮殿の目の前のレストランでとった昼食は、いかにもフランスらしいキッシュとコンフィ・ド・カナール(鴨料理)。空腹を満たした後は壮大な宮殿をまず外から、そして中に入って見学しました。シェーンブルンより一回りも二回りも大きなブルボン王朝のこの宮殿には、日本人の持つ「絶対王政」のイメージにまさにぴったりの雰囲気がありますが、その豪壮さの背後にはそれだけ富が王家に集中したという事実がありそうで、だが故にフランス革命は世界的にも類例の少ない、激しく長期にわたるものとなったのかもしれません。ヨーロッパでもここまでの規模の宮殿は希少です。名高い「鏡の間」には多くの生徒が度肝を抜かれたようでした。

全日程を終えて、ヴェルサイユからシャルル・ドゴール空港へ。今回の修学旅行はかなり盛りだくさんの日程で生徒も疲れたとは思いますが、見学態度は最後まで良好でした。この旅行を通じて、生徒たちの中には新たな好奇心が芽生えたのではないでしょうか。

7-1.jpg 7-2.jpg

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2012年3月12日 14:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成23年度 国内修学旅行リポート 5日目」です。

次のブログ記事は「平成23年度 国内修学旅行リポート 6日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。