平成24年度 海外修学旅行リポート 第7・8日

6泊8日の修学旅行も、今日が実質最終日。今日の日程は、まずパリの車窓見学から。早春のさわやかな晴天が広がる中、オペラ座、ポンピドゥー・センター、さらにマドレーヌ寺院、コンコルド広場、そしてもちろんセーヌ川を車窓から眺め、パリが花の都と言われる所以をまず実感しました。そして、そのセー ヌ河畔にあるオルセー美術館へ。ヴィーン美術史美術館やルーブル美術館と違って、印象派の親しみやすい風景画などが多く収蔵されているこの美術館は、生徒 にとっても分かりやすく、楽しめる場所だったようです。

オルセーの後は、パリのノートルダム大聖堂へ。昨日見学したシャルトルの ノートルダムとほぼ同時期に建設されたものの、かなり趣は異なるカテドラルですが、フランスを代表するゴシックの大聖堂を2か所見学することは、大いに意 義あるところ。おりしも内部ではミサも行われており、聖堂内部の荘厳さとシャルトルとはまた異なった趣のステンドグラスに生徒は息を呑んでいました。

 ノートルダム・パリ圧縮.jpg

ノートルダム大聖堂の前で

昼食を終えると、この修学旅行の日程もそろそろ終わりに近づいてきました。シャイヨー宮からエッフェル塔を臨み記念撮影をした後は、凱旋門へ。凱旋門でも思 い出を写真におさめて、一路シャルル・ド・ゴール空港へ。生徒たちが、お土産を空港でも大量に購入し、ほぼ満席の日本航空機に搭乗する頃には、パリも夕方 となっていました。

エッフェル塔圧縮.jpg 凱旋門圧縮.jpg

エッフェル塔                 凱旋門

帰りのフライトは、日本到着直前にかなり機体が揺れたものの無事着陸。8日間の日程を無事終了し、ほぼ予定通りの時刻に解散しました。

今回の修学旅行でお世話になったドイツの姉妹校の方たちや、各地で手配や案内をしたくださったすべての関係者の方たちに御礼申しあげつつ、この修学旅行リポートを終えたいと思います。

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2013年3月11日 16:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成24年度 海外修学旅行リポート 第6日」です。

次のブログ記事は「平成24年度 国内修学旅行リポート 第1日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。