平成24年度 海外修学旅行リポート 第3日

3日目は、朝MK校に集合し、日独両方の生徒が一緒にブラウンシュヴァイク市内を見学。今年は、これまでに無く暖かく、かなり過ごしやすい天候です。まずはハインリヒ獅子公ゆかりのブルク広場などを見学後、市庁舎の塔に昇って市街を俯瞰した後は、市の博物館へ。博物館には、かなりの数の日本のコレクションもあり、生徒たちは少々びっくりしていました。その後は、ブラウンシュヴァイク中央駅に向かって、列車でユネスコ世界遺産の年ゴスラーへ。残雪残るゴスラーでは、皇帝宮城や14~16世紀の姿がそのままに残る古い町並みを見学。生徒たちは、まるで映画のセットのような町や家については、「かわいい!」という表現を使っていました、なんとなくその気持ちも理解できる、美しい小さなよくまとまった町でした。再び列車に乗ると、見事な夕日でした。

ゴスラー2.jpg

 ゴスラーにて

そして、その後は中央駅からトラムに乗ってMK校へ戻り、早くもさよならパーティー。様ざまな事情で今回は3泊しかできなかったために、歓迎パーティーとさよならパーティーが一緒になってしまいました。ステイ先の方たちが準備して持ち寄ったご馳走を食べ、生徒たちは交流を深めました。そして、駿台の生徒が準備してきた日本紹介のプレゼンテーションを披露して、パーティーはお開きに。しかし、この後、各家庭で、あるいは複数の家庭が合同で、深夜までパーティ-は続いたようでした。

パーティー2.jpg パーティー2.jpg

パーティーの様子

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2013年3月11日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成24年度 海外修学旅行リポート 第2日」です。

次のブログ記事は「平成24年度 海外修学旅行リポート 第4日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。