平成25年度 中学校校外学習(「ラファエロ」展・江戸博・大相撲)

5月14日(火)に中学校の第1回校外学習を実施しました。

恒例の、5月の第一回校外学習、今年はまず上野の国立西洋博物館で、「ラファエロ」展を見学しました。ルネサンスの巨匠の一人ラファエロの大規模な展覧会で、ラファエロの修業時代から、レオナルドやミケランジェロに影響を受けた作品、そして晩年にローマで生み出された作品まで、ラファエロの生涯と作品の全貌をうかがい知ることのできる内容でした。生徒にとっては、ルネサンス絵画史を学ぶ良い機会になりました。

その後、場所を両国に移して、江戸東京博物館へ。こちらでは常設展の他に、現在開催中の特別展「盛り場・両国 を見学。今日、大相撲が両国国技館で開催されていることも、その起源を問えば、。明暦の大火の犠牲者を弔うために建てられた回向院における勧進相撲にあるといわれますが、江戸期以来のこの地域の歴史がよくわかる展示となっていました。その後、隣の国技館で実際に大相撲五月場所三日目を観戦し、江戸情緒の感じられる校外学習になったと思います。

 

CIMG3507.JPG

 

CIMG3546.JPG

 

 

 

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2013年5月15日 11:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成24年度 国内修学旅行リポート 第4日」です。

次のブログ記事は「平成25年度 中学3年生修学旅行リポート 1日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。