平成25年度 中学3年生修学旅行リポート 3日目

今日の最初の見学地は名古屋のトヨタテクノミュージアム産業技術記念館。トヨタといえば「自動車」というイメージが先行しがちですが、もともとは1890年、豊田佐吉が東京で開催された内国勧業博覧会で外国製の優れた織機を見て発憤、長年の苦労の末独力で「豊田式木製人力織機」を発明したのが会社の始まりです。その後、息子の喜一郎が自動車部門を発展させ、今日に至っています。この産業技術記念館は、トヨタ・グループの歴史そのままに、展示の前半部が繊維機械館、後半部が自動車館となったいます。繊維機械館はトヨタの歴史のみならず、古代から産業革命を経て現在にいたるまでの繊維産業の発展全体について、わかりやすい展示がされており、自動車の産業史とあわせて、生徒に「産業とは何か」を俯瞰して学ぶ良い機会になったのではないかと思います。

68BBAEAB-626A-4273-9596-5743ED01DF27.JPG

 その後、名古屋を立ち奈良へ。奈良ではまず法隆寺、続いて東大寺を見学しました。あいにく奈良からは雨が降ってきてしまいましたが、法隆寺では金堂や五重塔、宝物館を見学しただけでなく、このシーズンには秘仏救世観音像が公開されており、今も金箔の残るその姿を拝観することができました。東大寺では、やはり大仏殿と盧舎那大仏の圧倒的な大きさに生徒は驚きを隠せませんでした。しばらく修理のために見学できなかった法華堂(三月堂)も今年から拝観が再開されており、昔ながらの雰囲気で不空羂索観音をはじめとした国宝の諸仏を見学することができました。

C57DAD85-4268-40C4-910B-BDCE0ECF0731.JPG

 その後、本日の宿泊場所の京都へと向かい、本日の夕食である湯豆腐を南禅寺の順正で食べました。明日はいよいよ京都の班別研修です。

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2013年10月24日 11:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成25年度 中学3年生修学旅行リポート 2日目」です。

次のブログ記事は「平成25年度 中学3年生修学旅行リポート 4日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。