平成26年度 中学2年生秋季校外学習リポート 3日目

第3日 広島→宮島→愛媛(11月27日)

昨日までとうってかわって晴天となった3日目の今日、まず最初に広島平和記念公園を訪れました。この時期としては比較的暖かな天候の中、原爆ドームや平和記念公園の中にある供養塔などをめぐりつつ、昭和20年8月の原爆投下当時の悲惨な状況についての理解を広げました。

残念ながら、平和記念資料館は本来の展示のほぼ半分が現在改装中でしたが、それでも、原爆による被害の甚大さ・悲惨さを再認識することができたと思います。生徒の見学姿勢は、真剣そのものでした。原子力発電所の事故以来、原子力の脅威に対する関心は改めて高まっています。生徒は今回の見学をもとに、自分たちの社会の未来について、より真剣に考えていってほしいと思います。

二つ目の見学地は宮島と厳島神社でした。暖かい日差しの中穏やかな瀬戸内海をフェリーで渡り、紅葉がちょうど見ごろの宮島に到着。今年はほぼ満潮の時間帯の見学となったため、厳島神社はまさに海上に浮かぶ朱色の社殿でした。瀬戸内海の海上交通の歴史と深い関係を持ち、桓武平氏の後援で社殿を拡大した後も長年にわたり幅広い信仰を集めたこの神社を通して、生徒は大陸と日本を結ぶ、あるいは日本の東西をつなぐ交易・交流についての知識も身につけていたと思います。

昼食は、広島名物の牡蠣フライ。その後生徒は、門前の土産物屋街でしばしの自由時間を楽しみ、宮島からチャーター船に乗り、最終日の見学地である愛媛に向かいました。大三島で再びバスに乗り換え、例年のように亀老山展望台からは夕日に染まる瀬戸内の海と栗島海峡大橋の見事な眺めを目にすることができました。

今年も夕食はしまなみ海道の途中にある「よしうみいきいき館」で。サザエ、ハマグリ、カレイほか瀬戸内の新鮮な魚介を生徒各自が七輪で焼いて食べました。愛媛名物の鯛飯やミカンともども、生徒たちはこの地域の名物を堪能していました。明日はいよいよ最終日です。 

2532E42A-43E9-4E31-B02B-B77449FB7DB2.JPG

3B0ACC5E-6767-4C9C-94A7-DF1C7DCB4F91.JPG

B537D3D8-5FA2-4F0B-94F2-DB7072D0F9C9.JPG

CEB193A9-D74E-482F-AC4D-342F98CBDA46.JPG

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2014年11月29日 15:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成26年度 中学2年生秋季校外学習リポート 第2日」です。

次のブログ記事は「平成26年度 中学2年生秋季校外学習リポート 最終日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。