平成26年度 海外修学旅行リポート 3日目

3月5日(木) ブラウンシュヴァイク(ステイ先と行動+さよならパーティー)

3日目の今日は、基本的にはステイ先の生徒や家族との行動となりました。午前中は、ドイツ人生徒と一緒に姉妹校の授業に参加した日本人生徒も多かったようです。歴史、ドイツ語、数学、宗教などの授業に出ましたが、「数学以外はチンプンカンプン、でも得がたい一つの経験か・・・」といった反応でした。ドイツ人が来日した際も、2時間ほど授業に出てもらうことがあるのですが、あちらも同じような立場・感想なのかもしれません。

午後からは、ステイ先との行動でした。市内でショッピングをした生徒、ブラウンシュヴァイクの近隣を見学に行った生徒とそれぞれでしたが、ドイツ人の生徒や家庭との親睦を深める良い機会となりました。

19:00からは、姉妹校の食堂でお別れパーティーが開かれました。ステイ先の皆さんが持ち寄った手作りの料理を食べながらの、アットホームなパーティーでしたが、姉妹校のヴィルトハーゲ校長先生も出席され、駿台学園の生徒たちが作成したパワーポイントを利用しての日本、東京、駿台学園の紹介プレゼンテーションや代表生徒の挨拶なども行われました。パーティーの後半では、多くの日独の生徒がなごりを惜しみつつ将来の再会を誓い合っていました。ドイツを訪れるたびの毎回のことですが、姉妹校の方たちの暖かさを感じるひとときでした。

3日目①.jpg

3日目②.jpg

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2015年3月18日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成26年度 海外修学旅行リポート 2日目」です。

次のブログ記事は「平成26年度 海外修学旅行リポート 4日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。