平成26年度 海外修学旅行リポート 1日目

3月3日(火) 成田→アムステルダム→ベルリン→ブラウンシュヴァイク

国外修学旅行の初日は、多数の保護者の方がたの見送りを受けて、KLMオランダ航空にて一路成田からアムステルダムへ移動、そしてアムステルダムからさらに乗り継いでベルリンに到着しました。成田からのフライトが多少遅れたこともあったためか、ベルリンに着くとスーツケースが4名分未着であることが判明。ハプニングも楽しむしかないと分かってはいながらも、自分の荷物が届かなかった生徒にとっては気の毒な話でした。

手続きを終えて、バスにて姉妹校のあるブラウンシュヴァイクへ移動、到着は現地時刻の21:40となりました。長時間のフライトで疲労はたまっていたものの、姉妹校であるMartino-Katharineum校でステイ先の暖かい出迎えを受けると、生徒たちの気持ちは一気に高揚したようです。中には、昨年10月に来日したドイツの生徒を受け入れて、半年ぶりの再会となったという日本人生徒もいます。今晩は、さて各家庭でどのような会話がかわされるのでしょうか。期待と、そして多少の不安のまじった修学旅行ホームステイがいよいよ始まりました。

AA5C3032-97EF-452F-A748-1CF572815800.JPG

A510E608-8740-4796-B81A-73BE832D7A54.JPG

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2015年3月18日 17:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成26年度 国内修学旅行リポート 最終日」です。

次のブログ記事は「平成26年度 海外修学旅行リポート 2日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。