平成26年度 国内修学旅行リポート 最終日

最終日 石垣島

修学旅行もついに最終日を迎えましたが、あいにくと朝は雨。まず、石垣焼窯元で手びねり体験を行いました。ろくろなどを使わずに手で粘土をこねて作品をつくる伝統的な技法です。今回は、沖縄の守り神シーサー作りを体験。悪戦苦闘しながらも、自分なりの作品を作ろうと思い思いに取り組んでいる姿が印象的でした。作品は後日焼きあがった上で送られてくる予定です。さて、どのような仕上がりになるのでしょうか。

次に、石垣島の市街地から約40分、島の北西部に位置する川平湾に向かいました。人魚伝説が今に伝わるこの場所は、雄大な自然が織り成すその景色により、国の名勝(日本100景)にも選ばれています。この頃になると天気は急速に好転し、白く輝く砂浜はさらさらと心地よく、世界有数の透明度を誇る海は、光の加減や潮の満ち引きにより、青から緑へと美しいグラデーションを見せます。色とりどりのサンゴ礁や熱帯系のカラフルな魚が泳ぐ姿をグラスボートに乗り堪能。湾に生息するクマノミなどの色鮮やかな魚たちやさまざまな種類のサンゴを間近で見ることができました。朝方の雨で水が濁っていないかと心配をしていたのですが全く杞憂で、生徒たちは海水の透明度に目を奪われていました。

最後に訪れたのは、やいま村。石垣島の名勝「名蔵湾」を一望する丘にあり、豊かな自然を背景に古き良き八重山の家並みが再現されています。国の有形文化財に登録された赤瓦の古民家からは三線の音が漏れ聞こえ、展示されている漁具や農機具からは、かつての漁師や農民の暮らしの様子を垣間見ることができました。また、村内には水牛の池やカンムリワシ保護ケージ、リスザル園があり、なかでも小さくかわいい中南米原産のボリビアリスザルが自然に近い状態で飼育されていて、生徒は手のひらに乗る程の小さなリスザルの人懐っこさに心奪われ、エサやりをしながら「交流」につとめていました。

その後、夕方15時ごろ石垣からの直行便にて羽田空港に向かい、予定よりも20分ほど早く到着しました。こうして、生徒たちに多くの思い出を残し、平成26年度の修学旅行の日程も無事終了しました。初日から盛りだくさんの内容でしたが、記憶が混乱しないうちに見学した内容を整理し、今後の学習に役立ててほしいと思います。

image1.JPG

image2.JPG

image3.JPG

このブログ記事について

このページは、sundaigakuenが2015年3月18日 17:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成26年度 国内修学旅行リポート 5日目」です。

次のブログ記事は「平成26年度 海外修学旅行リポート 1日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。