駿台学園の教育

HOME | 駿台学園の教育 | 進学指導 | 8つの特徴からなる英語教育

進学指導

生徒一人ひとりの目標達成のために最大限の指導を行います。

8つの特徴からなる英語教育

国際教育の基本となる英語の力

 

みなさんが大学入試に挑むときには、大学入試制度が大きく変貌しています。これまでになく制度が改められますが、最も重要なポイントとなるのが「英語の力」だとされています。 「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能すべてが均等に評価されるようになり、その評価のために外部検定が利用されるようになります。駿台学園では、それに対応する2つもの外部検定「英検」と「GTEC」を受検する体制が、すでに整えられており、良好な成績を上げています。海外語学研修44年の伝統を持つ駿台学園には英語スキル習得の最先端ノウハウがあります。

 

DSC_1339.jpg

 

1.検定教科書と検定外テキストを併用

いわゆる文部科学省検定済みの教科書は内容が不十分という弱点を持っています。そこで駿台学園ではZ会出版の「NEW TREASURE」を併用しています。学習参考書と教科書の長所をとったテキストで、文法の説明や演習が豊富です。また、本場英国で出版された文法書(ケンブリッジ大学出版局の「Essential Grammar in Use」等)を使用します。


 

2.英検も〈GTEC〉も受検します

伝統ある英検と、〈4技能〉(聞く、話す、読む、書く)系の新しいタイプのスコア型英語4 技能検定である〈GTEC〉をともに受検します。〈GTEC〉は、文科省により2020 年導入の新型大学入試に採用されたテストです。〈GTEC〉で良好なスコアを取ると、大学受験で圧倒的に有利です


〈GTEC〉とは
〈GTEC〉はベネッセが開発した、真に役立つ英語力を測定する新しいタイプの検定試験です。作問は英国・米国で行われ、実生活やビジネス・シーンに実際に使用される英語をもとにした出題となっています。受験者の能力に応じた出題となっており、単にスコアが出るだけでなく、個々人の詳細な学力分析結果を知ることができます。2020年度から導入される新たな大学共通入試では、GTECなどの新タイプの民間検定試験が全面的に採用・活用されることが文科省から発表されています。また、すでに多くの大学で英語の入試をGTECで代替させつつあります。GTECのスコアを上げることが、大学入試英語克服の近道となっています。

 

3.本当の英文法に基づいた授業です

日本人が書いた英文法書は、内容が正確とは限りません。残念ながら、学習参考書も似たり寄ったりです。駿台学園では、オックスフォード大学やケンブリッジ大学の出版局など信頼できる出版社の、英語で書かれた英語の文法書に依拠した指導を行います。また、生徒が使用する文法書も、一部英語で書かれたものを使っています(左記1もご参照ください)。

 

4.英語にふれるさまざまなチャンスがあります

駿台学園には、複数の外国人講師がいて、ほぼ全学級で週に1回ネイティブ・スピーカーの授業を受けます。また、希望者は夏季休業中に海外語学研修があり、毎年イングランドやアイルランドに出かけます。さらに、長期留学生が常に在籍しており、英語を使って同世代の人たちとのコミュニケーションが可能です。

 

 


5.英英辞典を活用します

英和辞典を使うと、英語を英語で考えなくなります。また英単語を日本語におきかえただけでは、その語の本来の意味やニュアンスを学ぶことはできません。英英辞典を使うことが英語上達の近道です。駿台学園では、ロングマンのActive Study Dictionary やWord WiseDictionary を活用しています。

 


6.英語での経験値が違う教員が揃っています

駿台学園の英語教員の多くは、TOEIC850点以上、英検1級など高いレベルの英語力を有しています。また、豊富な海外滞在経験がある教員が揃っています。

 

7.リスニングやプレゼンテーションも重視

実践的な英語力が重視される現在、入試の出題傾向も変化しつつあ ります。駿台学園では、授業や考査の中で、表や資料を使って説明し理解する英語を重視します。また授業中限られた時間のなかでより多くの英語を耳から入れる努力をしています。入学後に全員が持つことになるiPadを使って、通学の電車のなかの時間を有効利用して英語を聞くことを勧めています。

 

8.なおかつ「読む力」も軽視しません

聞く・話すを重視するあまり、昨今の英語教育では、読むことが軽視されがちです。これは非常に危険なことです。読む・書くは、どの時代にも必要です。グローバル化の時代だからこそ、英語でメールを読み・書く機会は増えるはずです。外国企業とのやりとりも英語の読み・書きになるはずです。英語のニュースや英語のエッセイ、文学作品が読めることは素晴らしいことです。駿台学園では、英語を日本文に訳すことも軽視しません。長期休業には英文和訳の課題も出します。

 


 

toTop