駿台学園の教育

HOME | 駿台学園の教育 | 国際教育 | 駿台学園の国際性豊かな教育

国際教育

駿台学園はより本質的な国際教育を目指しています。

駿台学園の国際性豊かな教育

駿台学園から世界につながる

 グローバル社会の到来が、すぐそこに来ています。これからの若者たちは、否が応でも隣国はもちろん、世界のあらゆる国々の人々とコミュニケーションを取れなければ、社会から取り残されてしまい、心豊かな生活を送ることはできなくなります。 駿台学園では、国際性豊かな教育を展開していくことで、生徒たちが「世界市民の一員」となれるようサポートを惜しみません。さあ、駿台学園で世界とつながる一歩を踏み出しましょう。

 
駿台学園の国際性5本の柱
   
1. 海外サマースクール
2. 国外修学旅行
3. 姉妹校との交流
4. 留学制度
5. 外国人講師

 

1.海外サマースクール(中3、高1・2対象)
 

1975 年以来40 年以上も続く夏の海外語学研修が、〈海外サマースクール〉です。ここ数年はアイルランドの首都ダブリンで開催、ホームステイとダブリン・シティ・ユニヴァーシティ(DCU)のキャンパスでの生活も楽しみます。アイルランドは治安良好な英語圏、イタリア、スペイン、北・東欧などヨーロッパ各国の同世代の人たちと授業や課外活動を行います。 語学研修終了後は、ヨーロッパ内の小旅行にでかけ、異文化体験を深め、英会話実践の機会を持ちます。サマースクール参加者からは「価値観が変わった」「人生が広がった」という声もあり、国際的な仕事を目指すきっかけとなった生徒もいます。

 


 

2.国外修学旅行
 

駿台学園高等学校の修学旅行は、国外と国内の選択制で、例年約30%の生徒が国外に行っています。国外修学旅行では、1 年おきにドイツの姉妹校(Gymnasium Martino-Katharineum)を訪問し3~4日のホームステイを体験するほか、イタリアやフランス、オーストリアなどを訪れ、ユネスコ世界遺産や美術作品を多数見学し、これらの国の歴史や文化を経験・体験します。世界遺産の見学は、大学入試の学習に直結します。

 

これまで見学してきた世界遺産など

イタリア:斜塔のあるピサ、ルネサンスの中心フィレンツェ、永遠の都ローマ、古代がそのまま残るポンペイ

オーストリア:多民族国家とハプスブルクの都ヴィーン、華麗なバロック修道院のメルク

ドイツ:20世紀の劇的歴史の残るベルリン、ドイツ最大のゴシック教会があるケルン、カール大帝の都アーヘン、中世都市の代表ニュルンベルク

フランス:ヨーロッパの中心パリ、ルイ王朝のヴェルサイユ

 

 

 

3.姉妹校との密接な交流
 

駿台学園では、この50 年、世界のいくつかの国・地域の学校と交流を行ってきました。現在もっとも交流が盛んなのは、修学旅行の項でも触れたドイツ、ニーダーザクセン州ブラウンシュヴァイク市にあるギムナジウム・マルティノ・カタリネウム校(通称MK校)です。英語圏以外の国、それもEUの中核をなすドイツの人たちとの交流は貴重な体験です。 1985 年の姉妹校提携以来、MK校とは相互に行き来を繰り返し、最近では隔年で相互訪問を行っています。お互いに、訪問時は相手校生徒の家でホームステイをします。なかには卒業後も長く交流を続けている生徒もあり、ドイツ人生徒のなかには日本研究の専門家になっている人もいます。

 

ドイツの姉妹校〈MK校〉の紹介
駿台学園の姉妹校であるニーダーザクセン州立マルティノ・カタリネウム(Gymnasium Martino-Katharineum)校は、創立が日本の室町時代の1415 年というドイツでも最古クラスのギムナジウムの一つで、これまでに大数学者のカール・フリードリヒ・ガウスや作曲家のルイ・シュポア、さらに現在のドイツ国歌の作詞者であるアウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベンなどを輩出した名門校です。
2011 年公開のドイツ映画「コッホ先生と僕らの革命」は、このMK校に実在した体育の先生をモデルにしています。ドイツ的で権威主義な軍国主義まがいの教育を否定する自由主義的なコッホ先生が、英国でさかんだったサッカーを積極的に授業に取り入れることで生徒の支持を獲得し、教育改革を展開していくというストーリーで、日本でもDVDが発売されています。

 

4.留学制度・・・駿台学園から世界へ/世界から駿台学園へ  

駿台学園では海外留学が可能です。基準さえ満たせば、1年間国外留学をしても留年することなく卒業が可能です。近年、長期留学には費用面で東京都などの支援があり、高校での長期留学は今や難しい話ではありません。国によっては、学校が留学先を見つけることも可能です。 一方で、駿台学園では、さまざまな国から毎年2~3名の長期留学生を受け入れています。長期留学生とクラスメイトとして英語を使って話をして、同世代の他国の生徒の考えを知ることが可能です。留学生の帰国後もメールなどを使った交流が続けられています。

 

 

5.外国人講師

駿台学園には外国人講師が3名います。外国人講師とのコミュニケーションを通じて、英語のレベルアップをはかるだけでなく、異なる国や地域の人たちを知ることが可能です。世界の人たちと現代世界が抱える問題に意見を交わし、21世紀にふさわしい広い視野を持って欲しいと、それが駿台学園の考えです。

 

toTop