お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | 学校行事 | 中学3年生<修学旅行>リポート 1日目 黒部・立山アルペンルート

学校行事

中学3年生<修学旅行>リポート 1日目 黒部・立山アルペンルート

2013/10/22

中学3年生による4泊5日の<修学旅行>が始まりました。

第1日 黒部・立山アルペンルート (10月21日)

本年度の中3生の修学旅行、初日の見学地は黒部ダムを含む黒部・立山アルペンルートです。新宿から特急あずさに乗り、信濃大町に到着。前日までの雨天とはうってかわって天気も良く、見事な紅葉の道を縫ってバスで扇沢へと向かいました。扇沢からは現時点では国内唯一というトロリーバスに乗り、黒部ダム建設の際に大変な難行の末に貫通したというトンネルを通ってダムに到着。この日の黒部は本当に天気がよく、暖かい日差しに照らされた湖面はさざなみをたてていました。残念ながら放水こそしていませんでしたが、生徒たちはその壮大な風景を楽しんでいました。黒部ダムは戦後の経済成長による深刻なエネルギー不足を解決する手段として開発されたわけですが、放射線とも二酸化炭素とも無鉛の発電方式である水力発電の実際を見ることは、2年前の震災以降再び問い直されているエネルギー問題について、生徒が考えを巡らすひとつのきっかけになるはずです。

黒部ダムの見学後はケーブルカー、ロープウェイを乗り継ぎ、日本最高地の駅である室堂へ。昨日20センチの積雪があった室堂は、さすがに寒くはありましたが、時折晴間ののぞく空からの光に照らされた新雪の山々が美しい姿を見せてくれました。室堂見学後は一路白川郷の宿舎へ。明日以降天気が心配されますが、この日は全体として天候に恵まれた素晴らしい一日になりました。この日の宿泊は、世界遺産の白川郷です。

E387AB37-B5ED-407A-8F8C-4C66247A2B9F.JPG

toTop