お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | 学校行事 | 第585回<駿台天文講座>のお知らせ

学校行事

第585回<駿台天文講座>のお知らせ

2014/12/19

今年最後となる第585回天文講座を、12月20日(土)17時からを開催します。今回の講師は、北見工業大学教授の三浦則明先生で、「スペックル観測とベテルギウス」をテーマにお話しだだきます。

小学生でも知っている星座の中の星座と言えば、なんといってもオリオン座です。この冬の星座を代表する星座が、東の空に見え始めて来ました。オリオン座は、明るい星々で構成されていて、大変見つけやすい星座です。とりわけ明るく赤い星が、今回の講演の主役ベテルギウスです。ベテルギウスは、赤色超巨星として知られ脈動する変光星です。非常に不安定な状態にあると考えられており、近い将来「超新星爆発」を起こす可能性があるとも言われています。「ベテルギウスはいつ爆発するのか、あるいはもう爆発してしまったのでは?」と、テレビや雑誌などがセンセーショナルに扱って話題となったことをご存知の方も多いかと思います。

観測装置を用いて、ゆらぎを短時間露光で観測するスペックル像の観測では、ベテルギウス像の拡がりが、最大で約138ミリ秒角、最小で約118ミリ秒角でした。今回の講演では、スペックル干渉法によって、ベテルギウスから「どのような情報を引き出す」ことができるのか、得られた結果を「どのように解釈するのか」について詳しくお話しいただきます。また、過去の結果との比較と共に、2013年11月に行ったスペックル観測の結果についてもふれていただく予定です。

私たちにとって身近なオリオン座の1等星の星、ベテルギウスについて興味深い講演になりますので、友人をお誘いのうえご参加ください。

なお、晴天の場合は、駿台天文講演終了後、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

 ●駿台天文講座

  日 時:平成26年12月20日(土)17:00~18:00

  場 所:駿台学園視聴覚室

  講 師:北見工業大学教授 三浦 則明先生

  題 目:「スペックル観測とベテルギウス」

 

 ●入場料:無 料

  所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)

  最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

 

 

toTop