お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | 学校行事 | 芸術科音楽選択鑑賞教室を実施

学校行事

芸術科音楽選択鑑賞教室を実施

2013/11/01

本校では、音楽選択者には実際の演奏会を聴かせ、美術選択者には美術展を見学させていますが、10月30日(水)に赤坂のサントリーホールで本年度の音楽選択者の鑑賞教室を実施、今年はちょうど来日中のビエロフラーヴェク指揮するチェコフィルハーモニー管弦楽団を聴きました。この4月からカリキュラムが改定され芸術は1年での履修に変更となったため、今年は高2に加え高1も参加、合計88名が鑑賞しました。 演目は、前半がドヴォルザークのチェロ協奏曲ロ短調(独奏:アフナジャリャン)、後半がブラームスの交響曲第1番ハ短調でしたが、前半はチェコフィルにとって母国チェコの誇る作曲者であるドヴォルザークの名曲が、実に繊細で美しく響き、また後半は雄渾なブラームスでした。ともにクラシックの世界では人気曲ですが、生徒たちも堪能した様子で、「プロがこんなに上手いとは知らなかった」という声も聞かれました。さらに、この日は、前半でソリストが1曲、そして正規のプログラム終了後にオーケストラがなんと3曲のアンコールを演奏(ブラームスのハンガリー舞曲第5番 、スメタナの歌劇「売られた花嫁」序曲、日本歌曲「ふるさと」)、非常に充実した鑑賞会でした。

toTop