お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第46期天文講座閉講式 第552回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第46期天文講座閉講式 第552回<駿台天文講座>のお知らせ

2012/03/15

3月17日(土)17時から第46期天文講座閉講式および第552回<駿台天文講座>を開催します。今年度最終回の講師は、石黒正人先生(国立天文台名誉教授)で、『心で宇宙を観る』というテーマで講演いただきます。

宇宙から地球にはさまざまな波長の電磁波が届いています。その中で人間の眼に見える可視光線は全電磁波スペクトルの中で極めて狭い範囲に限られています。その可視光線を使ってガリレオが小さな望遠鏡を使って宇宙を観測し始めてから、400年がたちました。そして人類はこの100年程のごく短期間にかつてない勢いで電波やX線などの波長帯を使った天文学を開拓し、「見えない宇宙」についての認識を深めてきました。

10年ほど前から、南米チリ海抜5,000mの高地で、口径12mアンテナ50台と口径7mアンテナ12台を組み合わせたアルマ望遠鏡の建設が進められ、その約半数が完成して、昨年9月には16台の12mアンテナを使用した共同利用観測がスタートしています。ALMAはスペイン語で「心」を意味しますが、今回の講演では、ALMA計画の狙い、建設の状況、最新の成果などについてご紹介いただくとともに、人間による自然の認識の仕方など身近な話題についてもお話いただく予定です。

なお、晴天の場合は、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

日 時:平成24年3月17日(土)17:00~18:30
場 所:駿台学園小ホール
    東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分
講 師:石黒正人先生(国立天文台名誉教授)
題 目:「心で宇宙を観る」
入場料:無 料

toTop