お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第549回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第549回<駿台天文講座>のお知らせ

2011/12/13

12月17日(土)17時から、第549回<駿台天文講座>を開催します。今月のテーマは「新星の話」、講師は慶応義塾大学教授の加藤万里子先生です。新星のもととなるのは白色矮星という半径が小さくて重い星です。この白色矮星の近くに太陽のような普通の星が伴星としてペア状に存在すると、白色矮星の上に伴星からガスが降りそそぎ、あるとき水素の核融合反応がとつぜん始まり、星は明るく輝きだします。それが、新星です。かつて、Ia型超新星は白色矮星が重くなって爆発することはわかっていたものの、白色矮星が重くなる理由そのものは不明でした。しかし近年、連星系の進化を考えることで、超新星発生のメカニズムについて新しい道筋が見えてきて、超新星の起源を説明するために、最も有力な理論が確立しつつあります。今回の講座では、いろいろなタイプの新星について、その興味深い点を加藤先生が、理論家の立場から紹介してくださいます。年内最後の講座になりますので、お誘い合わせのうえご参加ください。なお、晴天の場合は、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

日 時:平成23年12月17日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
    東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分
講 師:加藤万里子先生(慶応義塾大学教授)
題 目:「新星の話」
入場料:無 料

toTop