お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第559回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第559回<駿台天文講座>のお知らせ

2012/10/10

10月20日(土)第559回<駿台天文講座>を開催します。今月の講師は、泉浦秀行先生(国立天文台岡山天体物理観測所長)で、テーマは「赤色巨星の吐息」です。

恒星は、いつも一定の明るさで輝いているから恒星と呼ばれますが、実は明るさが変わる星も少なくありません。その変わり方もいろいろで、肉眼で見ても明るさの変わる恒星から、肉眼では分からないけれど望遠鏡を使うと分かるもの、あるいはハッブル宇宙望遠鏡やすばる望遠鏡などで観測しないと分からないものまでたくさんあります。

こういった恒星の明るさの変化はさまざまな時間スケールで起こり、人間が感覚的に捕らえることのできる、時、分、あるいは日、月、年、十年、百年という単位のものから、それらを遥かに超えて、千年、万年、十万年という単位のものまであり、赤色巨星は、その最も長い部類である万年から十万年の周期で明るさを変化させています。太陽と同等以上の質量の星が赤色巨星へと進化した最晩年に、そのような周期的な明るさの変化が起こることが理論研究から予測されていますが、果たしてそのような減少が実際に起こっているのだろうか、観測的に確かめられないだろうか、そのような素朴な疑問から出発した研究について講演していただきます。おさそいお合わせの上、ご参加ください。

晴天の場合は、講演終了後本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

日 時:平成24年10月20日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分
講 師:泉浦秀行先生(国立天文台岡山天体物理観測所長)
題 目:「赤色巨星の吐息」
入場料:無 料

toTop