お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第567回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第567回<駿台天文講座>のお知らせ

2013/06/08

6月15日(土)17時から第567回駿台天文講座を開催します。今月の講師は、JAXA宇宙科学研究所准教授 山田哲哉先生で、「大気突入の科学・隕石から『はやぶさ』カプセルまで」をテーマに講演していただきます。
 今年の2月、ロシアのチェリャビンスクに隕石が堕ちたというニュースが流れました。夏に見られるペルセウス座流星群の流れ星は、美しくロマンティックですが、隕石の落下は、実は非常に危険でも恐ろしい自然現象です。
小惑星探査機「はやぶさ」は7年間の旅の最後に、小惑星サンプルの入った小さなカプセルを地球大気に突入させました。カプセルは、夜空に光り輝くも燃え尽きずに、地球にサンプルを持ち帰ることができました。
 物やカプセルなどが大気の中を飛ぶと、高速でぶつかった空気は断熱圧縮により加熱されて高温になり、多くのものは燃え尽きてしまいます。この意味で、地球は大気によって隕石から守られているとも言えます。今回は、この地球にはなくてはならない大気はどのくらいの厚さがあるのかとか、隕石やカプセルは、なぜ真っ赤に燃えるのか、といった大気突入の不思議について講演していただきます。もちろん、大気突入を乗り切り地上に到達させるため、「はやぶさ」のカプセルにはどのような工夫が施されたのか、最新技術やエピソードなどについてもお話し頂く予定です。お誘い合わせの上、ご参加ください。

 なお、晴天の場合は、駿台天文講演終了後、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

●駿台天文講座
日 時:平成25年6月15日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
講 師:山田 哲哉先生(JAXA宇宙科学研究所准教授)
題 目:「大気突入の科学」隕石から「はやぶさ」カプセルまで
入場料:無 料
所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

toTop