お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第568回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第568回<駿台天文講座>のお知らせ

2013/07/10

7月20日(土)17時から第568回駿台天文講座を開催します。今月の講師は、法政大学教授の岡村定矩先生で、「銀河のサーベイ -過去・現在・未来-」について講演していただきます。

 宇宙は、今から約140億年前にビッグバンで誕生し膨張を始め、星や銀河ができて、今日の宇宙の姿に進化してきました。銀河のサーベイ観測は、宇宙を理解するためには必須の観測です。

観測には、大きく分けて、目標を定めて望遠鏡を特定の天体に向けその天体の性質を詳しく調べることを目的とするポインティング観測と、全天あるいは特定の天域をもれなく拾い出しするサーベイ観測があります。1990年代に入って写真が用いられるようになり、銀河のサーベイが本格化してきました。視野の広いシュミット望遠鏡による撮像サーベイから重要な銀河のカタログが多く作られましたが、多数の大型写真乾板で2-3万個の銀河を調べることには自ずと限界がありました。しかし、CCDによる広天域銀河サーベイでは、スローン・ディジタル・スカイサーベイ(SDSS)により、それまでの銀河サーベイとは比較にならない、画期的な科学成果を挙げました。

今回の講座では、将来に向けた展望として、すばる望遠鏡の「新しい目」Hyper Suprimr-Camによる銀河サーベイや、次世代の専用望遠鏡LSSTによる画期的な大サーベイと、それらが生み出す莫大なデータについてもご紹介いただく予定です。皆さま、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。

 なお、晴天の場合は、駿台天文講演終了後、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催しますが、夏季期間の天体観望会は、日没が遅いのでお待ちになります。ご承知ください。

●駿台天文講座
日 時:平成25年7月20日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
講 師:岡村 定矩先生(法政大学教授)
題 目:「銀河のサーベイ -過去・現在・未来-」
入場料:無 料
所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

toTop