お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第571回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第571回<駿台天文講座>のお知らせ

2013/10/10

10月19日(土)17時から第571回駿台天文講座を開催します。今月は、国立天文台准教授 安東 正樹先生に「重力波望遠鏡<かぐら>で切り開く新しい天文学」について講演していただきます。
重力波とはて何でしょう。皆様お判りになりますか?アイシュタイン博士が提唱したことで有名な一般相対性理論によって、理論的に重力波の存在が予言されるようになりました。また、連星パルサーの軌道周期変化の観測からもその存在は間接的に証明されていますが、重力波は、非常に微弱な信号であることから、いまだに直接検出するには至っていません。
現在、日本が主導権をもって、重力波望遠鏡「かぐら」(KAGRA)の建設を進めています。重力波望遠鏡で、直接に重力波を観測することができれば、連星合体や超新星爆発などの極限天体現象の中心部やブラックホールに関連する現象、晴れ上がり以前の初期宇宙など、これまでの電磁波による観測では得られなかった情報が期待できるようになります。
今回の講座では、重力波をもちいた天文学の可能性と、KAGRA計画の概要、さらに、将来の展望をご紹介いただきます。お誘い合わせの上、ご参加ください。

なお、晴天の場合は、駿台天文講演終了後、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

●駿台天文講座
日 時:平成25年10月19日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
講 師:国立天文台准教授 安東 正樹先生
題 目:「重力波望遠鏡「かぐら」で切り開く新しい天文学」
入場料:無 料
所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

toTop