お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第572回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第572回<駿台天文講座>のお知らせ

2013/11/06

11月16日(土)17時から第572回駿台天文講座を開催します。今月は、国立天文台名誉教授 木下 宙先生に「第十惑星と天体力学」について講演していただきます。

ドイツの天文学者ケプラーは、ティコの精密な惑星観測データと地動説を基にして、惑星の軌道と運動の法則を発見。ニュートンは、ケプラーの法則を太陽と惑星間に働く力は万有引力であることを導き、そして、ティティウスは、1766年に太陽の回りを公転する惑星軌道の法則を発表したものの、当時この法則は注目されませんでした。
1781年にハーシェルが、宇宙の構造を星の配置から決めようとして恒星の精密位置観測を続けているときに天空を移動する天体を発見。この移動天体は、当初は彗星と考えられましたが、観測の結果、土星の外側を回る惑星、すなわち天王星であることがわかりました。
ところが、天王星発見から50年を過ぎた頃から、天王星の動きが万有引力の予想位置と大きくずれていることがわかり、天文学者の間では大問題となりました。今回は、これまでの天文学における天体力学の大きな貢献についてお話いただきます。

なお、晴天の場合は、駿台天文講演終了後、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します。

●駿台天文講座
日 時:平成25年11月16日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
講 師:国立天文台名誉教授 木下 宙先生
題 目:「第十惑星と天体力学」
入場料:無 料
所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

toTop