お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第574回<駿台天文講座>のお知らせ

その他

第574回<駿台天文講座>のお知らせ

2014/01/17

今年最初の講演は、1月18日(土)17時から第574回駿台天文講座を開催します。今月は、駿台天文講座顧問で一橋大学名誉教授の中嶋浩一先生に「HR図の読み方」について講演していただきます。

「HR図」とは何でしょうか。この図を最初に考えたのが、デンマーク天文学者ヘルツシュプルングとアメリカの天文学者ラッセルでした。この二人の天文学者の頭文字が、「HR」の由来です。

HR図で気づくことは、恒星の表面温度と明るさとで分類した図で、「主系列星」、「巨星」、「白色矮星」と呼ばれています。これを調べることによって、恒星の研究に大変重要な役割を果たし、星の誕生・成長・成人・老化のストーリーがわかってきます。

今回の講演では、HR図とはどのようなものか、HR図をどのように読み解くか、HR図から見える恒星の姿はどんなものかといった点をとりあげます。また、最新の観測装置を搭載した「ガイア衛星」の打ち上げが成功し,さらなる発展が期待されていますので、これについても詳しく紹介します。ご興味のある方は、ご友人お誘いあわせのうえご参加ください。

晴天の場合は、駿台天文講演終了後、本校屋上の口径20cm屈折望遠鏡(ニコン製)による天体観望会を開催します

なお、今月は、<ジュニア天文講座>はお休みします。

 

駿台天文講座

日 時:平成26年1月18日(土)17:00~18:00

場 所:駿台学園視聴覚室

講 師:一橋大学名誉教授 中嶋 浩一先生

題 目:「HR図の読み方」

入場料:無 料

所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)

最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

toTop