お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第680回<駿台天文講座>「オンライン + 対面」形式で開催のお知らせ

その他

第680回<駿台天文講座>「オンライン + 対面」形式で開催のお知らせ

2022/11/01

11月19日(土)17:00から第680回<駿台天文講座>をオンラインと対面形式で開催します。今月のテーマは、「太陽系の起源をめぐる小天体探査 ―小惑星リュウグウサンプルリターン―」で、講師は橘 省吾先生(東京大学大学院教授)です。

C型小惑星は、太陽系の起源や進化の記録を残す天体、地球への水や有機物の供給源となったかもしれない天体であるという仮説が、長年提唱されてきました。探査機「はやぶさ2」は,世界で初めてC型小惑星からのサンプルを持ち帰り、地上で分析することをめざし、近地球C型小惑星 (162173) リュウグウを探査対象天体として、2014年12月に打ち上げられました.

2018年6月から約17ヶ月間の探査で、小惑星リュウグウはそろばん玉の形状をしていること、地上の典型的炭素質コンドライトより暗いこと、全球的に含水ケイ酸塩の存在を示す近赤外線の吸収が見られること、現在のリュウグウはラブルパイル天体(瓦礫天体)で、前世代の小惑星の破壊・再集積でつくられたことなどが示唆されました.

「はやぶさ2」は2019年2月と7月の2回、サンプル採取に成功しました。総量 5 g を超えるサンプルは月以遠の天体から持ち帰られた試料として世界最大量です。これらのサンプルには太陽系の起源や進化、地球の海や生命の材料の起源についての情報が今も残っていることが期待されています。回収試料は、世界中の研究者や学生からなる総勢約400名の国際チームで一年間の優先分析をおこないました.

講演では、なぜ「はやぶさ2」は小惑星リュウグウをめざしたのか、リュウグウでなにを見たのか、持ち帰られたサンプルはどのようなものだったのか、どんな分析がおこなわれたのか、リュウグウの石は太陽系・地球・海・生命の起源や進化についてなにを語ったのか、また、リュウグウから広がる天文学について、講師の先生にお話し頂きます。興味関心のある方は、ぜひふるってご参加ください。

なお今回は、「対面受講」の希望者が多ければ、講師の方にもご来校いただいて配信をする予定です。ただし、今後の新型コロナウィルスの感染状況によっては、対面での受講を取りやめオンラインのみでの開講となることもありますので、あらかじめご了承ください。

 

◎<第680回駿台天文講座>オンライン + 対面講演

●日   時:2022年11月19日(土)17:00~18:00

●講   師:橘 省吾先生(東京大学大学院教授)

●題   目:「太陽系の起源をめぐる小天体探査 ―小惑星リュウグウサンプルリターン―」

 

【講演のお申込み方法】

◆型  式:オンライン(使用アプリ:Zoom)または対面(駿台学園視聴覚室にて実施)

◆定  員:対面30名 + オンライン50名程度(いずれも定員を超えた場合は抽選となります)

◆締  切:11月16日(水)

◆申し込み方法:下記のURL上のフォームに必要事項ご記入の上送信し、お申し込みください。

https://forms.gle/VAKZBC57WYWhPcQ4A

・Zoomのアプリは、無償でダウンロードが可能です。利用法は、至って簡単です。

・申し込みが完了した方には、11月18日(金)までに、ご登録いただいたメールアドレスに対面講演参加の可否、およびズーム参加用のID、パスワード等をお送りします。

・当日は、講義開始15分前までにZoomからミーティングに参加、またはご来校ください。Zoomに参加する際は、申し込み時と同じ名前をお使いください。

新型コロナウイルス感染防止のため、対面参加者の方は下記の点で協力下さい。

・当日体温が37.5℃以上の方は参加頂けません。受付時の検温(非接触)にご協力下さい。

・来校時に手指消毒をお願いします。

・常時マスクを着用し、会話をお控えください。

・視聴覚室では「密」を避けるため、こちらで指定した座席にお座りください。視聴覚室は常時扉や窓を開放するなど、換気に努めます。

・感染防止のために、上履き(スリッパ)は用意いたしません。靴底をマットで軽く拭き、土足のまま入校してください。

 

【お問い合わせ先】

◎オンライン講演、その他のお問い合わせは、メール・電話で担当までお願いします。

03-3913-5735 担当 布施(篠原)

 

toTop