駿台学園の教育

HOME | 駿台学園の教育 | 進学指導 | キャリア・ガイダンス・プログラム

進学指導

生徒一人ひとりの目標達成のために最大限の指導を行います。

キャリア・ガイダンス・プログラム

guidance.jpg

駿台学園のカリキュラムは、大学受験に効果の高いカリキュラムで構成されていますが、それらはむしろ大学入学後や社会人になってから効果を発揮する奥の深いものです。

 

まず高1 で「進路希望調査」をします。この調査書はカルテ形式になっており、3年間にわたって使われるので、生徒の希望や考え方の変化などもわかりやすくなっています。

学年ごとに進路指導会を開催します。高1・高2では就業研究や大学・短大等の担当者による講演会を行い、高3では進路決定に向け具体的な準備説明会が実施されます。

特選コースを中心とし、毎年7月に文系・理系ごとに都内の有名大学への見学会を行います。進学コースの生徒も希望者は参加が可能です。これまでに早稲田大学、法政大学、青山学院大学などの見学会を行っています。

 

 

 

高1 から年間で3 回程度、校内で外部の模擬試験を受験し、資料として活用されています。

希望者を対象に「小論文模試」を実施しています。推薦入試の訓練に、あるいは自己分析の資料として活用されています。

高3を対象に、毎年6月に本学園の卒業生を招き、受験体験談を話してもらっています。

センター試験の概要から出願手続き、受験、自己採点、受験相談まで定期的に進路指導会を開催しています。


◎放課後補習
希望の進路の実現をサポートするために、高1・高2 の希望者を対象に数学・英語の放課後補習を格安で実施しています。不得意な教科・科目の復習や高度な領域への挑戦など、幅広い学習が可能です。


◎自由選択授業
高3の午後の授業は、大学受験を意識して生徒自らが授業を選択します。各生徒の受験科目に対応した実践的な演習形式の授業になります。


◎夏季補習
夏季休業中は、普段授業を担当している教員が補習を行っています。高1・高2は1学期の補習や、習った範囲の応用演習等を行い、高3では、入試対策の問題演習などを実施しています。

toTop